作業者

ベランダの工事をすれば防水することが可能

ベランダ

自分でも可能だが

ベランダは紫外線などのダメージを受けやすく、家の中でも劣化が進みやすい箇所です。ホームセンターで塗料を購入し、自分で防水性を高める事も可能ですが、塗料を均一に塗る事は素人では難しいと言われています。仕上がりや防水性を考えるなら、塗装業者に依頼しましょう。

密着工法とは

ベランダ

施工の特徴や相場を確認

大切な鞄や靴などにスプレーをして、防水対策をしている方も多いでしょう。雨をはじくよう事前対策をしておけば、大切な鞄や靴を湿気のダメージから守る事が出来ます。家も鞄や靴同様、雨などの水分や湿気から守る対策をしなければいけません。新築時は撥水の効果が高くても、時間の経過共にその機能は低下してしまうのです。特に、毎日紫外線や雨、風などの影響を受けるベランダは、メンテナンスをしないと防水機能が低下してしまい雨洩りを起こすようになります。雨洩りが起こる前に、しっかり対策しておく事が重要です。ベランダの雨洩り対策として有効なのが、ウレタン塗膜防水工法です。ウレタン塗膜防水工法はベランダの床面部分に、ウレタン塗料を塗って雨水をはじくよう塗膜を作るという特徴があります。比較的施工が簡単という事もあり、新築時を除いて最もポピュラーな施工です。ウレタン塗膜防水工事には2つの種類があり、その中には「密着工法」という施工法があります。密着工法は下地に直接、ウレタン塗料を塗る事からこのような名前が付けられました。液状の塗料を床面に塗る事で、ゴム状の塗膜を形成します。塗料を塗る施工法なので、形が変わっていたり複雑な形状のベランダでも、継ぎ目が一切ない塗膜を作り出せる点が密着工法の特徴です。ベランダがる家に住んでいる方は、密着工法でのメンテナンスを考えてみるのも良いでしょう。費用の目安は1平方メートル当たりにつき、約3000円から7000円です。

一軒家

快適な生活を維持しよう

雨漏りは生活に大きな支障をきたすため、それを防ぐための防水工事へのニーズが高まっています。大阪でも同様で、大阪には多くの業者が展開しています。その流れは施工箇所の洗浄・補修を行った後にプライマー下塗りをしていきます。そして、防水シートの貼り付けや脱気筒の設置をしてから、ウレタン塗布やトップコート塗布を行っていきます。

雨漏り

きちんと説明してくれる

雨漏り修理業者に修理の依頼をする時には、原因を突き止めた上で処置を施してくれる業者を選ぶことが重要です。そのためには、工事の説明をきちんとしてくれることと、事前に見積もりを提示してくれる業者を選びましょう。