家

ベランダの工事をすれば防水することが可能

快適な生活を維持しよう

一軒家

雨漏りから守るために

マイホームのリフォームの中でも最もニーズの高いのが防水工事です。室内へ雨が漏れると生活に大きな支障をきたすため、雨漏りを防ぐ防水工事が非常に重要となります。こうしたことから防水工事を専門に行う業者も多く展開し、特に都会の代表格である大阪ではその傾向が顕著となっています。ここではそんな大阪で防水工事をする場合の施工の仕組みについて紹介します。まず、施工箇所を洗浄するところからはじまります。施工箇所にコケや汚れがありますと施工に支障をきたしますのでそれらを除去するために高圧洗浄機で洗浄を行います。ひび割れが発生している場合には、洗浄後にその補修も行います。そして塗膜の密着性を高めるためプライマーを下塗りとして塗布します。この塗布が完了したら防水シートを施工箇所に貼り付けていきます。このときシート内部に湿気がたまりますとシートが浮いてしまいますので、内部の湿気を取り除くために脱気筒が取り付けられることとなります。なお防水シートには様々な素材がありますが、一般的には塩ビシート系が多く用いられています。シートの貼り付けが完了したら、ローラーで1回目のウレタン塗布を行い、2日間ほど乾燥させた後、2回目のウレタン塗布を行います。2回目のウレタン塗布が乾燥したら、トップコート塗布を行って防水層を完成させます。大阪の防水工事の業者はどこも経験豊富で優秀ということで定評があります。このため大阪府内からはもちろんのこと、府外からもオファーが多く寄せられています。